リラックス効果や体調改善などを求めてハーブティーを飲まれるようになったり、レモングラスのようによくタイ料理などの食に取り入れられたりして、「ハーブ」も今ではすっかり身近な存在になってきましたよね。

しかしながら、皆様がよく耳にするカモミールやレモングラスの「ハーブ」はほとんど海外のものできっと、「ハーブ」は海外のイメージが非常に強いのではと思います。

だけども、日本には日本人の身体にあった日本古来の「和ハーブ」があるのを皆様はご存知ですか?

実は今現在、身近に食べてるものに「和ハーブ」がいくらか入っていたことに非常に驚きを持ち、ますます和ハーブの食に魅力を持ちました。

そこで今回は「和ハーブ」の食の楽しさや魅力についてお伝えしたいと思います。

【スポンサードリンク】

和ハーブとは?

日本が故郷として育ったもので伝統的に暮らしの中に取り入れられた植物のことをいいます。

日本で育った植物こと和ハーブといわれているものは沢山ありまして、日本人の心身にあった、作用や香りもとても素晴らしいものばかりなので昔の方は生まれ育った場所に育った植物を食べて、乾燥させてお茶にしていたりして普段の暮らしに取り入られていました。

しかしながら、現代では経済発展などもあって季節に関係なく、今では様々な地域の植物が流通して食べれるまでになってきたことから、本来、人が必要でない食べものなども取り込まれていっていますものの、今では、山野草や薬草のように特別な時にしか食べれない日本の植物を普段の生活に取り入れることは身近にできるようになってきました。

食にお勧めな和ハーブの種類

和ハーブは沢山の種類がありますため、今回はその中でも有名で流通していて食に取り入れやすい和ハーブを簡単な効能を交えていくつかご紹介したいと思います。

① よもぎ

よもぎといいますと「よもぎ餅」を連想される方も多いかと思いますが、まさにそのよもぎです。
韓国では蒸し風呂でも有名ですが、ヨモギは非常に効能が多くお勧めな和ハーブの1つなんです。

index-yomogi

効能 消化不良・食欲不振・下痢、虫刺され・湿疹・あせも、鎮痛、止血、解毒、利尿、強心、痔、肩こり、リウマチなど

食の取り入れ方  ヨモギ葉の天ぷら(香り高くて非常に美味しいです。)・汁物に入れる。

f0309162_09523376

         
         煎じて、お茶にして頂くのは非常にお勧めです。(よもぎ茶としても販売されてます。)

f0309162_09575307

         
         よもぎ餅やよもぎ豆腐も美味しいです。

yomogimochi

② 紫蘇

紫蘇はよくスーパーで見かけることがあるのでご存知の方も多いかと思いますが、こちらも和ハーブの一種なんです。

ooba

紫蘇には皆さんがスーパーでよく見かける緑色の紫蘇として販売されているものは「大葉」というもので
本来、紫蘇とは「赤しそ」といわれているものにさします。

akashiso

効能 健胃・整腸作用・鎮咳・鎮静・殺菌・防腐・解毒・利尿・解熱・お魚による中毒・アトピー性皮膚炎

食の取り入れ方 「大葉」お魚のツマ(食中毒予防)・バジル代わりのパスタソースとして・
            かき揚げ天ぷら・ハンバーグや餃子のなどの具材に混ぜる。

kakiage
shisopasta

        
        「赤しそ」夏ばて防止に赤紫蘇シロップを作り、お水で薄めて赤しソジュースや
             炭酸水で薄めて、赤紫蘇ソーダが楽しめます。

shisozyu-su

③ 葛

秋の七草でも有名ですが、よく風邪薬で「葛根湯」といわれている主要成分としても使われています。

kuzunoha

効能 風邪予防・下痢止め・二日酔い改善

食の取り入れ方 生 新芽や若芽は天ぷらにして食べたり、酢の物にする。

index-kuzunosu

        根 残剤して葛粉として使用、葛湯や葛餅、葛をあんかけ代わりに使用します。

kuzuko
kuzumochi
【スポンサードリンク】

④ みつば

お吸い物の飾りなどによく見かけるかと思いますが、みつばも立派な和ハーブの1つです。

mitsuba

栽培ミツバは切りミツバと根ミツバの二つにわかれてます。

効能 血行促進・抗酸化作用・健胃・消炎・解熱

食の取り入れ方 天ぷらやおひたし・お吸い物・茶碗蒸しや薬味として、陰干しにしてお茶としてもいただけます。

chawannmushi

まとめ

今回は「和ハーブ」の食の楽しさや魅力についてお伝えしましたがいかがでしたか?

実は日頃から身近に見てきた食材ばかりで知らないうちに使っていたり、食べてたりしていることが多かったのではないかと思いますが、効能をしっていますと、体調不良の際に食を取り入れるときにも和ハーブをセレクトしやすいので食がますます楽しくなるゆえに健康な体へと導いてくれるのではないかと思います。

本題が少しでも皆様の健康維持へ導いてくれるお手伝いができましたら、幸いです。

【スポンサードリンク】