コーヒーを飲むと心身共にリフレッシュするものですよね。

しかしながら、コーヒーを適量以上に飲み過ぎると人によっては頭痛を起こす方もいらっしゃいます。

1日に7-8杯以上飲まれる方はまれにカフェイン中毒を起こしていることもあるんだそう。

そこで今回は何故、コーヒーを飲むすぎてしまうと頭痛が発生してしまうのか?を調べてみることにしました。

【スポンサードリンク】

頭痛が発生してしまう原因とは?

coffeedutsuu

コーヒーを飲むことによって起きてしまう頭痛の原因とは大まかにいいますと、脳の覚醒作用が脳に影響を及ぼすことから起こるといわれています。

しかしながら、コーヒーを適量を飲む分には恐らく頭痛が起きることはなく、頭痛を起こす方には1日に多く摂取した時に発生することがほとんどです。

ではここからは頭痛の原因を探っていきたいと思います。

cafein

①コーヒーの飲みすぎによって、急性カフェイン中毒を起こしている時。

コーヒーの飲みすぎた場合の頭痛の原因としては主に1日にゆっくり愛飲するのではなく、イライラしたりして一気飲みをした時に起こることがほとんどです。

症状としては頭痛の他に吐き気・嘔吐などがおこることがありますが急性アルコール中毒と似ていて、その場限りの症状がほとんどで、回復したら翌日には普通にコーヒーが飲めるようになります。

②コーヒーの飲みすぎによってコーヒーアレルギーを起こしている時。

カフェイン中毒と同じような症状なので、区別がつかないことが多いといわれてます。

カフェイン中毒と大きく違うのは回復しても腹痛や下痢を伴うことがあることが多いそうです。

【スポンサードリンク】

③コーヒーの飲みすぎによって低血糖を起こしている時。

飲みすぎによって急に血糖値が下がってしまうことによって頭痛が発生します。

症状としては頭痛以外にも空腹感や手の震えや動悸が起こることがあります。

ひどくなりますと中継神経が作用しなくなってしまい、意識がなくなってしまうこともあります。

低血糖による頭痛だと発覚した場合は早めに病院にいって治療をおこなうことをお勧めします。

④お茶や紅茶と併用して、急性カフェイン中毒を起こしてしまう時。

急性カフェインを起こしてしまう中には日頃からお茶や紅茶を愛飲されてる場合が多いこともあります。

コーヒーよりは少ない量ではあるものの、お茶や紅茶にもカフェインが含まれていて、飲みすぎていなくても急性カフェイン中毒を起こす場合があります。

日頃のお茶や紅茶に含まれるタンニンがカフェインの働きを抑えてくれることがほとんどですが、体調が優れない時や体が酸性化してしまったりするとカフェインの効果が強くでて、症状がでてしまう恐れがあるそうです。

⑤すでに慢性カフェイン中毒を起こしていて、カフェインが切れてしまった時。

普段から定量以上にコーヒーを愛飲していると気づかぬうちにコーヒー依存症になり、コーヒー依存症から気づかぬうちに慢性カフェイン中毒になっている可能性があります。

慢性カフェイン中毒の場合は急性カフェイン中毒とは違って、一気に飲んでいるわけではなく1日にかけてじっくり飲むので、愛飲中は特に症状としてはでてこないのですが、コーヒーを飲んでから3-4時間経過するとカフェインが抜けていきます。

このカフェインが抜けた時に頭痛が起こるのが慢性カフェイン中毒の症状となります。

その他の症状としては日頃からコーヒーを愛飲しているため、普段からコーヒーを飲まないとイライラしたり、体調不良などの症状がでてしまいます。

henzutsu

今まではコーヒーを愛飲しすぎると頭痛が発生してしまう内容でしたが、一方でコーヒーを飲むことで偏頭痛が回復するという噂をよく耳にするのですが、こちらも本当のお話です。

そこでここからは何故、偏頭痛によいのか?を調べていきたいと思います。

常に偏頭痛もちの人の場合、脳の血管が筋肉に圧迫されてる状態にあるといわれています。

そのために脈が動くたびにズキズキする。

これがまさに偏頭痛と言われているものです。

コーヒーに含まれているカフェインには脳の血液を収縮する働きがあるといわれています。

偏頭痛の方は常に脳の血管が筋肉に圧迫されているので、カフェインを摂取することで圧迫されている血液の締め付けが緩和される働きがあるといわれています。

そのことによってコーヒーを飲むことによって、偏頭痛の方は症状がよくなるといわれています。

ただし、飲みすぎにはくれぐれも注意が必要です。

まとめ

コーヒーを飲みすぎてしまうと頭痛が発生してしまうのかを調べてみましたがいかがでしたでしょうか?

コーヒーは適量を愛飲している限りでは頭痛が発生しないということがわかっています。

健康維持のためにも適量を愛飲するように心がけましょう。

【スポンサードリンク】